KAZAGURUMA LIBRARY

from Germany, 旅が好き、本が好き。

1ヶ月ぶりの更新。ヨーロッパ最後のサマータイム

気付けば前回の記事をアップしてから1ヶ月‥

なんて怠惰な!!

4月あたまに下書き保存していて、アップしそびれた記事を今更載せます‥

 

↓以下、約1ヶ月前の所感です↓

 

最高気温が25度を超えかと思うと、びっくりするほど吹雪く日もあったり、大忙しのシュトゥットガルトです。

とはいえ確実に季節は進む♪

f:id:kazagurumalibrary:20210426005653j:image

桜も見に行きました♪

 

そして季節の進みを感じる理由の一つは、先日からサマータイムが始まったこと!

3月最終日曜日の夜中2時になると、時計の針をぐるぐる進めて‥

はい!3時!2時じゃないよ!

たったこれだけでヨーロッパすべての時間が1時間ズレるなんて、不思議なものです。

わずか1時間ですが、変更後数日は少し感覚が狂います。

軽い時差ボケのような感じです。

 

特に、夕暮れが1時間遅くなるので、夕食の準備が遅れがちです。

それまでは6時半頃に「なんだか日が長くなってきたねぇ」とのほほんと話していたのが、一気に加速して8時頃が日没になりました。

薄暮が長ーーーーいこの季節、日本にはない時間なのでドイツ生活の中でとても印象的です。

 

しかしサマータイム、ヨーロッパでは今年が最後になるようです。

日が出ている時間帯に長く活動することで、エネルギー節約と効率アップを目指そう、と始まったらしいサマータイム。

一説では、特に電気の使用量はかなり減ったそうです。

明るい時間に終業時間を迎えるため、オフィスで電気をつける時間が大幅に短くなったためだそう。

こういったメリットもあるのですが、グローバル化が進む現代、単純にややこしい面もありますよね。

 

日本との時差が8時間から7時間へと1時間短くなるので、個人的にはサマータイムが好きです。

この1時間が結構大きくて、冬時間よりも家族や友達に連絡しやすいのです。

なにはともあれ、最後のサマータイムを経験したことも、良い思い出になりました。

 

 

↓ランキングに参加しています☆励みになりますのでクリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村