KAZAGURUMA LIBRARY

from Germany, 旅が好き、本が好き。

2020年夏休み!3泊4日スイス列車旅③ツェルマットでハイキング三昧!

さてスイスの旅も終盤です。

雨を覚悟したツェルマットの朝は、、、

スッキリ気持ちの良い青空!

標高4,478mのマッターホルンもてっぺんまで綺麗に見えています。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233043j:plain

足取り軽く、ゴンドラ乗り場へ。

標高3,883mに位置する展望台、グレーシャーパラダイスへ向かいます。

こちらはなんと365日スキーができる!というのが売りの一つで、なるほど朝一番からスキー板を担いだグループがちらほら。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233041j:plain
いくつかケーブルカーを乗り継いで、どんどん山頂と空に近づいていくのが楽しいです。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233035j:plain
ツェルマットからはケーブルカーや登山鉄道を使って、いくつもの展望台へ行くことができます。

すべてを回り切るのは日程上厳しかったので、私たちはマッターホルンを近くで見られること、ハイキングがしやすそうなこと、を理由にグレーシャーパラダイスを選びました。

結果、大満足です。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233601j:plainグレーシャーパラダイスは降り立ってすぐに雪!

スキーヤーたちは水を得た魚のように真っ白の世界に飛び出してゆきます。

 

雪景色を堪能した後は、マイナス3度と一気に体の芯まで冷える気温と風を避けて下りのゴンドラに乗り、一駅下のトロッケナーシュテークで下車。

グレーシャーパラダイスに比べると気候がやさしい感じがしますが、ここでも標高は2,939m。

息が苦しい、ということはありませんが、身体には結構負担がかかっている気がします。

ここからシュヴァルツゼーまで約6,5km、2時間のハイキングは終盤かなり疲れました。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233042j:plainけれど、天候に恵まれ、ハイシーズンを過ぎ(プラス、コロナの影響)基本私たち二人だけしか視界にいないという、最高のハイキングでした!

f:id:kazagurumalibrary:20201026233020j:plain少し角度や標高が変わるとまた違う表情を見せてくれるマッターホルンや、氷の谷になっているようなところ、巨大すべり台のような氷河、絶対雨だろうなというような雲がかかった山々、小粒に見えるツェルマットの街並み…

f:id:kazagurumalibrary:20201026233031j:plain

こんな景色を見られてさらにその真っ只中を歩けるなんて、人生どんなご褒美があるかわからないもんだなぁとしみじみしてしまいました。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233010j:plainたどり着いたシュヴァルツゼーは標高2,500mほどで、レストランなどもあり、老若男女がその大自然を楽しんでいました。

おじいちゃんおばあちゃんでも、赤ちゃんでも、車いすでも、誰でも気軽にここに来られるというのはすごくいいな、とその光景を見て思いました。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233013j:plain誰が来ても生命力が湧くに違いないであろう場所へ、選別せずに誰もが来ることができるからです。

本来ならばここは厳しい自然。

相応の装備や技術、準備、体力などがなければ来られない場所。

その自然を壊して作ったケーブルカーである意味ズルして上れてしまうわけですが、単純に人間目線で言えば、作ってくれてありがとう、というのが本心です。

ありがたく歩かせてもらって、ありがたく絶景を見せてもらって、湧いた生命力でありがたくがんばろう!と前向きになれました。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233100j:plainシュヴァルツゼーからは、休憩も兼ねてケーブルカーに再び乗車。

次のフーリで降りて、ツェルマットまでまた約2時間歩きます。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233107j:plainここからはもう緑いっぱいの山歩き、もしくは森歩き、という感じで軽装で歩いている人も多めです。

途中に伝統的な家が並ぶエリアがあったり、牛がいたり、のどかです。

f:id:kazagurumalibrary:20201026233105j:plain朝8:30のケーブルカーに乗って、15:30頃ツェルマットの街に戻ってきました。

久しぶりにこんなに身体を動かしましたが、本当に気持ち良かったです!

f:id:kazagurumalibrary:20201026234348j:plain夜はお楽しみのチーズフォンデュ。

チーズが苦手な夫を横目に、一人でもりもり食べました♪

 

↓ブログランキングに参加しています☆応援クリックお願いします♪↓ 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村