KAZAGURUMA LIBRARY

from Germany, 旅が好き、本が好き。

ローテンブルクに恋をした!

今朝目が覚めて、枕元の置時計を見ると8時半
日曜日にしては早起きしてエライ!なんて思っていましたが、ふとスマホを手に取ると、9時半

・・・!?

そうでした、ドイツは今日からサマータイム
日本との時差は7時間に短縮。

私たちは去年の今頃はまだ日本に住んでいたので、冬時間から夏時間への切り替えは初めて。
せっせと家中の時計を1時間早めて、、、キツネにつままれたような一日です。

1時間遅くなったので、さらに夕方や夜の時間が長くなり、ドイツ人の夏スイッチが一気に入った感じです。

人も自然も「今日から夏!!」と大声で宣言しているようで、日本の微妙な季節の移ろい…とはまた違った楽しさがあります。

そしてこんなに外が気持ち良いと、ずっと家にいるのがもったいない気分になります。

昨日は、シュトゥットガルトから北東へ車で約1時間半ほどの、Rothenburg(ローテンブルク)へ行って来ました。

フランクフルト空港からのアクセスもよく、古城街道とロマンティック街道が交差する場所でもあるため、日本人にも大人気の街だそうです。

お店やレストラン、様々な施設には日本語表記が。
日本人観光客もたくさん訪れていました。

私たちも、すぐにでも再訪したくなるほど気に入りました。

街の中心部、マルクトプラッツ周辺には、主要スポットが集まっています。

左手の白い塔は“市庁舎の塔”。
階段ですが上ることもできますよ。


そしてなんといってもこの街の特徴は、ぐるっと一周、城壁で囲まれた街であること。

なんと一番古いものは12世紀ごろに造られたそうで、雰囲気たっぷりの城壁。

この城壁の内部へ一歩踏み入ると、そこはもう中世の世界観そのまま。

もちろん、普通に住んでいる人の家や、新しい建物、お土産ショップやレストラン、銀行などなど現代のものはたくさんあるのですが、それらも街の雰囲気に馴染んでいます。

絶妙なカラーの壁、窓枠やドアの装飾、昔のままの鉄製の看板、オレンジ色のうろこ屋根、歴史を感じる石造りや木組みの建物…

どこを切り取ってもフォトジェニック。

写真も撮りたいし、この目でも見たいし、ただ歩くだけで本当に心が躍る街です。


とっても天気が良かったので、毎日見てもまだ感動する、真っな高い高い大きな空と、春を思いっきり吸い込んだ、ドイツらしさ全開のオレンジ屋根、3色のコントラストが美しい!

この3色は、きっと日本に帰っても、ドイツを象徴する色としてずっと覚えているだろうと思います。


ふらりと入ったレストランでは安定の、マウルタッシェン(ドイツ風餃子?ドイツの中でも、南ドイツ名物)とシュニッツェルのランチ。

レストランでの注文もだいぶスムーズに出来るようになったなぁ、と我ながら感慨深いものがあります。
誰も褒めてくれないので、自分で褒めて伸ばす(笑)。

かな?という木もあり、満開でしたが、アーモンドと桜の見分けがつきません。

最近はイースターの影響で、至るところにウサギタマゴ


面白いものがたくさんあったアンティークショップで、Lindt(リンツ=スイスのチョコレートブランド)のイースターバニーのピンバッジを見付けました。

この頃スーパーへ行くといつもこのウサギパッケージのチョコが山積みになっていて、時にはうさちゃんが店番していることも。

この子はLindtではなくMilka。

この子がLindt。

すごいウサギ圧

すっかり愛着がわいてしまい、ピンバッジなら邪魔にもならないし…と買って帰りました。

ローテンブルクは程よいサイズ感の街で、ぐるっと歩いて半日。
じっくり回るなら1日、という感じでしょうか。

レストランの2階以上はだいたいホテルになっていて、見るからに可愛いところだったので、いつか泊まりにも来てみたいです。

19度(!)と初夏の陽気の下歩き回った私たちは、もちろんアイスを食べてから帰路へ。

そして日本の新元号が気になる年度末…

↓次はどこへ行こうかな♪↓

↓ランキングに参加しています☆励みになりますのでクリックお願いします☆↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村