KAZAGURUMA LIBRARY

from Germany, 旅が好き、本が好き。

シュトゥットガルトに春が来た!!

春が来た!!

朝起きるたび、外に出るたび、スキップして歌いたくなる、そんな日々です。

私たちがドイツに来たのは昨年の7月。
つまり、ドイツで迎える初めての春!!

こんなに気持ちいいなんて♡

誰だ!10~4月は真っ暗で寒い。。って言ったのは!!

誰だ!15時には日が暮れてどんより。。って言ったのは!!

誰だ!日本は四季がはっきりしてて美しい。。って言ったのは!!←正解ですけどね、日本“だけ”じゃない◎

実は2月中旬から約1ヶ月間は、日本に一時帰国していました。
ドイツにいなかったこの1ヶ月の間に、季節はすっかり変わっていたのです。

正直、2月の時点で「最近日が暮れるの遅くなったよね」って日本人の友達と話していたし、まだまだ寒いとはいえども、日差しは春めいてきたぞ?って明らかに分かるレベルで、季節は進んでいました。

そして2~3月という、冬→春の変遷が一番分かりやすい時期に日本へ帰っていたので、ドイツへ戻ってきたらもうこれは完全に、疑いようもない春!!

春が来ていましたー♡

ドイツ人が四季に無頓着なのか、日本人が四季に誇りを持ちすぎているのか…

とにかく、個人的な印象としては…
日本と同じかさらにはっきりと、ドイツにも四季があります!!

そして、脅されていたほどドイツの(シュトゥットガルトの)冬は脅威ではなかった♡

超寒がりな私は、長く重く苦しい(と聞かされていた)冬を、どう過ごせばいいのか、越えることができるのか、とっても不安だったんです。

でも、日本とは異なる暖房システムのおかげで(おそらく北海道なんかは同じ感じかも?)、室内はとにかく暖かい。
外は確かに寒いけれど、日本に比べると風が強くないので、ピリッとした冷気が気持ちいい、という感じでした。

まあ、私は今仕事もしていないので、本当に寒い日や天気が悪い日は1日中家でのーんびりしていたんですけどね♪

最近は、真っ青な空、柔らかく若い緑、咲き誇る花々、すべてが「春だよーおいでよー♪」って誘うので、外出率が上がっています。

めずらしく、花なんて買ってみたり。

ラッパ水仙?10本0.7ユーロほど。安い!
蕾で買いましたが、きれいに開いてきました。

そして、すでに半袖でアイスを手にテラスでお喋りに興じるドイツ人たち…

本当にこの国の人たちはアイスが好きだな、、と思いつつ、そういえばアイス屋さんも冬の間は閉まっていたんだった、とここでも春の訪れを感じるのでした。

日本では桜の頃でしょうか。

こちらは、桜にそっくりなアーモンドが、たくさん花を咲かせています。

今日はぐぐっと気温が下がって、雷雨の時間帯もあるとのことです。
日本もドイツも、三寒四温。

↓ランキングに参加しています☆励みになりますのでクリックお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村