KAZAGURUMA LIBRARY

from Germany, 旅が好き、本が好き。

20年の片思い~ドイツの黒い森、シュヴァルツヴァルトへ~

シュヴァルツヴァルト、シュヴァルツヴァルト、しゅばるつばると…
早口言葉みたいですが、違います。

シュヴァルツ=黒い
ヴァルト=森

そう、ドイツの「黒い森」です。

ここシュトゥットガルトはドイツ南西部
地図で見ると、かなりフランス寄りなのが分かります。

フランスとの境となっているのが、黒い森なんです。
かなりざっくりですが、上の地図の青丸部分です。

夫のドイツ駐在が決まった時は、シュトゥットガルトの位置はおろか、その存在すら知らなかった私。
ドイツ南西部と言われても、そもそも首都ベルリンの場所さえ危うかった私にはさっぱりでした。

が、地図を見て、黒い森の近くだと分かって大興奮!!

シュトゥットガルトという都市名も、ベルリンの場所も不確かな私ですが、黒い森は知っていたんです!!

なぜならこの本を読んでいたから。
「ドイツの黒い森」 たくさんのふしぎ1997年12月号

子どもの頃、福音館書店から出ている月刊誌「たくさんのふしぎ」を定期購読してもらっていたんです。

毎月1冊1テーマ、よくこんな幅広いジャンルで出せるな、と今思うと本当に感動すら覚えます。
子どもでも分かる語り口ながら、テーマは上質で、国語・算数・社会・理科から日本の地域社会、世界の暮らし、目からうろこのトリビア、などなど。
これがもう面白くて面白くて、発売日に走って受取りに行って、そのまますぐ読んで、1ヶ月待ちくたびれて…の繰り返しでした。

ボロボロになった「たくさんのふしぎ」が実家の本棚にはずらりと並んでいて、帰省すると今でも夢中になってしまいます。

将来もし母になった時にしたいことの一つは、「たくさんのふしぎ」を定期購読することです。
というか、私のために今でも読みたいくらいです。

「ドイツの黒い森」1997年12月号だったようなので私は小学校高学年ですが、実はそのもっと前、小学校に上がる前にも一冊、ドイツ関連の回がありました。

調べてみると、そちらはなんと傑作選として今も買えるようです!!

たくさんのふしぎ傑作選
月刊誌として出たのは1993年2月号なので、実に25年以上前!!
 
でも、私にとってはずっと忘れられない一冊です。
 
本物の魔女がいる村、魔女狩り、魔女のお祭り…
とても同じ世界の出来事には思えず、どちらかというと怖い印象ではあったのですが、幼いながらも得体の知れない魅力も感じていたのでしょう。
 
そして、私の中では長年ドイツのイメージは「ドイツの黒い森」「魔女に会った」の2冊によって作られていました。
 
そんな黒い森が、気軽に行けてしまう距離にあるなんて、行ってみるしかありません!!
 
車を走らせること約2時間強。
決して別世界ではなく、今の日常の延長線上にあの「黒い森」があるなんて…!!
 
昔、本を読んでいたことで、私は黒い森に行くことに対して、その場に立つことに対して、はかりしれない感動や郷愁を感じました。
 
時を越えて本がくれたギフトを、またしても受け取ることができたのです。
 
季節や天候の影響もあるかもしれませんが、黒い森は明るく穏やかで、清々しい場所でした。
森に囲まれた村が眼下に広がっています。
たぶん、「たくさんのふしぎ」でもああいう村が紹介されていたんだと思います。
この辺りで一番高いところへは、ケーブルカーでも上がれます。

頂上では牛たちがのんびり。

空が澄んでいれば、フランスのモンブランも見えるようです。
360度、森、山、緑!
 
山小屋風のレストランで昼食。



冬はこの辺り一帯がスキー場になるようで、リフトやヒュッテがたくさんありました。


雪に包まれた森も、見てみたいものです。
20年以上思い続けていた「ドイツの黒い森」、ようやくこの目で見ることができました。
 
今度は、魔女に会いに行かなくちゃ。
記憶の中の風景と、目の前の風景。
どちらも宝物ですね。
 
 

次の旅はどこへ?



可愛くて機能的なスーツケースはこちら↓

大きなスーツケースはレンタルもお得♪

 

↓↓ランキング参加中↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村