KAZAGURUMA LIBRARY

from Germany, 旅が好き、本が好き。

秋めいてきた今日この頃、シュトゥットガルトのファッション事情はいかに!?~アウトレットシティ メッツィンゲンへ行こう~

数日前から、「あ、夏が終わってしまった…」と明らかに分かるくらい空気が変わったドイツです。
夏の終わりって、どうしてこんなに寂しい気持ちになるんでしょうか。

でも!ドイツで過ごす初めての秋はどんなものなのか、ワクワクしています♪

そして、秋といえば…食欲?読書?芸術?
どれも素敵ですが、今回は“ファッションの秋”をお届けいたします♪

私は日本ではファッション関係の仕事をしていたのですが、
特に好きなのはフランスを始めとする、ヨーロッパの靴やバッグ。

デザイン性の高さと日本にはない色使い、きっと女性は(男性も?)みんなときめきますよね♡

けれど、私の浅い知識ではなかなかコレ!というドイツブランドが思い浮かばず…
やっぱりフランス、イタリアが強い気がします。あとはスペインとか。
(ドイツにももちろん素敵なブランドはたくさんありますよ!私のリサーチ不足です!
新しい物もこれからどんどん発掘してご紹介いたします!)

私が住んでいるシュトゥットガルトは、ベルリンやミュンヘンなどに比べると小さな都市で、
有名ブランドの直営店なども少ないです。

市内中心部で目立つのは、H&MやZARA、MANGO、我らがユニクロ、などファストファッション多め。
プチプラ服もとっても可愛いし、トレンドのお勉強にもなるのですが…

心躍るコレクションブランド、非現実的なラグジュアリーブランドの世界観に浸りたい!!

という気持ちがフツフツと湧いてくるのもまた事実。
その欲求を満たすべく、週末、行って来ました♪

OUTLETCITY METZINGEN(アウトレットシティ メッツィンゲン)
https://www.outletcity.com/en/metzingen/

Reutlinger Straße 63 D-72555 Metzingen
月から金曜日: 10:00 am - 8:00 pm
土曜日: 9:00 am - 8:00 pm
※日・祝日はCLOSE

車での行き方&駐車場→https://www.outletcity.com/en/metzingen/how-to-find-us-car/

電車での行き方→https://www.outletcity.com/en/metzingen/how-to-find-us-train/

シャトルバスでの行き方→https://www.outletcity.com/en/metzingen/shopping-shuttle/

シュトゥットガルト中心部から車で約30分。
あるんです!アウトレット!!

実はこちらのアウトレットシティ、渡独前から先輩ブログで何度か目にしていて、
絶対行く!!と決めていたんです♡

そして実は実は初訪問は7月に終えていて、でもその時は全然時間がなく不完全燃焼…
満を持しての再訪なのです♪

 


渋滞回避のためオープン直後に到着♪
駐車場は場所によって有料、無料分かれています。
無料のところで全く問題なし♪

午前中は人も少なくて見やすいです。

ラグジュアリーブランドがズラリ♡♡
でもどうせ買えないし…と写真だけ撮ってスルーです。


いくつかインフォーメーションがあります。
割引クーポンなどがある場合はこちらで引き換えます。

日本のアウトレットモールにあるようなラグジュアリーブランドは大体入っています。
他に見慣れたショップは、NIKE、PUMA、adidasなどのスポーツブランド。

日本でもお馴染みだけどこっちが本場!なヨーロッパブランドはもちろん、
あまり見たことがないブランドがかなり大きなショップを持っていたりと、
見ているだけでワクワクします!

そういえば、ここでひとつ小話。

“アウトレットシティ メッツィンゲン”、“アウトレットシティ”
…そう、ここは“シティ”なんです。

日本のアウトレットのように、大きな入り口をくぐって、エリアごとに系統立っていて…という
造りではなく、メッツィンゲンの町全体にアウトレットショップが点在している、という感じです。

そもそもここメッツィンゲンは、昔からHugo Boss(ヒューゴ・ボス)の本社があることで知られています。

このHugo Bossが工場直販を始めたところ人気を博し、どんどんお客さんが集まってきたそう。

人が集まればお店も増えます。

今では70以上のブランドが軒を連ね、現在進行形で拡張工事が進められています。
何ができるんだろう… 

アウトレットショップありきで出来たのではなく、結果的にアウトレットシティになった、という訳です。
なんだか興味深い経緯ですね。

そんなアウトレットシティなので、明確に“ここからここまで!”!という境界がありません。
中心部は日本のアウトレットモールと同じような雰囲気なのですが、ずんずん進んでいくと、
「ん?ここも?」みたいなビックリするような所にポツンとショップがあったりします。
ただ、マップもありますし、看板も出ているので、オリエンテーリング気分で回るのが楽しいです♪

前回の無念を晴らすべく、とにかくどんどん店に入る入る!!

モンクレールのアウトレットに興奮!買えませんが…
他にも、プチバトー、ティンバーランド(ってアメリカですよね?とっても安かった)、ファルケ(ドイツのレッグブランド。日本だとBshopにたくさんありますね)、
スワロフスキー(お隣、オーストリアのブランドです)、ビルケンシュトック、ラコステなどが個人的にとっても気になりました♪

でも今回は「冬物のダウンで何かいいものがあれば買う!それ以外は買わない!」と強い気持ちを持って臨んだので、お財布の紐は緩めませんでしたよ!

夫はお買い得なアウターを一点購入。70%オフくらいで買えていました。いいなぁ~。

歩き回って、たくさん素敵なものを見て満たされた1日!!
気付けばもう夕方です。

さて帰るか、と一番初めにスルーしたラグジュアリーブランドエリアに差し掛かり、
「最後に興味本位で見てみようか!」とふらりと入ったが最後。

え!あの憧れブランドたちが!手の届くところにいらっしゃる!!

本当に、衝撃のお値段でした。
バーバリーのダッフルコート、可愛かったな…
プラダのスカート、100ユーロ切ってたな…(サイズがあれば買ってました!!)
ミュウミュウのサンダルもプラダのパンプスも、買えちゃうな…

はぁ。
最後の最後に、散財スイッチが入るとことでした。
今自分は無職なんだ、という現実が私の暴走を止めてくれましたが。

働いてたら絶対買ったなー、というものがたくさんありましたが、眺めて手に取るだけで幸せでした。

顔の見えるデザイナーがいて、こだわった素材を使って、絶妙な色出しをして、きれいな縫い目が裏側まで続いていて、毎シーズンテーマがあって、コンセプトがあって、素敵なモデルさんがランウェイやカタログを彩って、世界観を表現したショップでプライドを持った販売員さんが売る。
ラグジュアリーブランドにはラグジュアリーブランドの良さがあるなぁと再認識しました。

そして、秋冬に向けておしゃれスイッチが入りました!!

私は6月下旬に渡独し、まずはドイツの生活に慣れることが最優先でした。
ここ最近は生活が落ち着いてきたと思ったら、仕事もないため毎日すべきこともなく、
言葉が分からないのも手伝って外出が減り、服装もメイクも手抜きに…

なんだか生活に張り合いがない…

あたり前です!!

誰かに見られるからおしゃれをするのではなく、自分のためにおしゃれを楽しんでいた私を思い出しました。

きっとシュトゥットガルト中心部にも、ファストファッションだけでなくおもしろいお店がたくさん隠れているはず♪

今気になっているのは、日本でいうビームスやユナイテッドアローズのような有名セレクトショップがなさそうだ、ということ。
そういったお店はあるのか?あるとしたらどんなお店なのか?
ないとしたら、単体のセレクトショップは??

これはもう、おしゃれしてメイクして、街に出ていくしかありません!

ヨーロッパでおしゃれな国といえばドイツ!という声が増えるように、素敵なお店を見つけていきます!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村